daiei

あさりの基本情報

あさり

貝特有のうま味成分がぎっしり。
江戸っ子たちも愛した春の味覚。

日本各地の比較的塩分の少ない内湾の砂地に生息している「あさり」。その名の語源は、“あ”は浅い場所、“さり”は砂利(砂地)に棲んでいることからとも、かつては浅瀬を少し掘るだけで手軽にたくさん獲れたことから、魚介類を探し取るという意味の“漁る(あさる)”が転じたものだともいわれています。
はまぐりなどとくらべると姿形は小ぶりなものの、「あさり」には貝特有のうま味成分であるコハク酸がたっぷり。味わいでは“貝の王様”とも称されるおいしさで、古くから日本人に親しまれてきました。もちろん、江戸時代の人々も「あさり」が大好き。人気の倹約おかず番付では、魚類の第2位に「あさり」の料理がランクインしていたといいます。今なお愛される東京下町グルメ、深川めしが生まれたのもこの頃。江戸前で獲れた「あさり」を、深川の漁師たちが仕事の合間に海水でサッと煮て、豪快にご飯にかけて食べたのがはじまりだそうです。

選び方

殻があいているときに触れると、すばやく閉じるものを選びましょう。むき身の場合はツヤと弾力のあるものが新鮮です。

栄養

赤血球の働きを助ける鉄分やビタミンB12、肝機能の働きをサポートし、エネルギー代謝を助けるとされるタウリンを含みます。

料理

貝特有のうま味成分であるコハク酸を含んでおり、だし汁を必要としないほど、うま味が濃い貝です。うま味を生かしたみそ汁やチャウダーなどの汁物、蒸し物、ご飯物、佃煮をはじめ、さまざまな料理に使えます。

料理の基本辞典